飯山満3丁目町会の問題を考える会

千葉県船橋市にある町会についての諸問題を提起し、加入の任意性を担保すべく啓発活動を行うことを目的とする。
そこに住んでいれば自動入会みたいな強制性を排除すべく自由意志でのみ加入できるようにすることを目指す!


☆注意事項☆
当ブログはリンクフリーです。
またすべての掲示物の二次利用を自由に行うことを許可します。
全国各地で自治会問題に苦しんでいる方々への手助けになれば当方も光栄です。

当ブログの見解は事実に基づく個人的見解を含みます。
記事を見て実行した結果に於ける責任は負いません。自己責任に於いて実行をお願いします。

船橋市が家庭ごみの有料化を検討中?

船橋市が家庭ごみの有料化を検討しています。市民には情報があまり伝わって来ていませんが、一部の市議会議員などが問題視をしています。
多数の市民が知らない中で決めてしまっていいのでしょうか?意見交換会などは実施していますが、ほとんどが自治会主導であり、普通の市民に周知されているとは言えません。ある日突然有料化が通知され、寝耳に水であっては困るのです。


計画では、可燃ごみの週3回回収を週2回にする。そして有料化を行うというものです。
有料化とは、指定袋を処理料金を含めた金額にするものです。
他市の例を見れば、45リットル(大)の袋が1枚40-50円程度であることから、大幅な値上げになり家計への負担が増すことが想定されます。
※参考:現在の市指定45リットル50枚入りの最安値は375円(税込)で販売している場所があります。仮に40円が50枚は2000円にもなることが考えられます。


また、ステーション方式を維持したまま有料化を実施すると、不法投棄やルールを守らないゴミが増えて、管理する住民や自治会の負担が増えることが予想されます。そのことは当ブログが指摘している「自治会問題」がさらに悪化することを意味します。

船橋市が有料化を検討する中で、「戸別回収」について触れられていないのはおかしいと思います。多摩地域や神奈川県などの自治体が有料化する際は、戸別回収と有料化を同時にする場合が多かったのです。


戸別回収はコストがかかるのですから、有料化することに合点が行きますが、収集回数を
減らしたままステーション方式を続けることは、前述のごとくサービスの低下と、さらなる負担増になるだけであり、悪く言えば、「詐欺」「ぼったくり」だと思いたくもなってしまいます。


ゴミの減量化は市民と市の双方にとって利益になることですから、不法投棄を生まず、住民の負担も増えない「戸別回収」とセットで実施すべきであると考えます。
ステーション方式の有料化は、ゴミに対する自治会の管理権限をさらに増加させる恐れがあり、加入の任意性を保つことが難しくなることが予想されます。


また、加入率の低下が続く現状では、自治会員と非会員のあつれきやトラブルが増加するだけです。そして
有料化になれば不法投棄の増加が予想されます。それをゴミ当番が自費で処理することになるのでしょうか?


過去にステーション方式の問題点を書いています。
になれば


ゴミ捨ては生活の根幹でありますので、そのためにずっと嫌な思いをすることがないよう、戸別回収を推進して平穏な生活ができるようにすべきでしょう。
そのためにも、決まる前に多くの声を届けなければなりません。船橋市の「クリーン推進課」や「市民の声を聞く課」などに意見を送ったり、身近な市議会議員に意見を言うことです。
最初に書いたごとく、知らない間に決まっていた・・・という状況を作ってはいけません。多くの声が必要です。まだ時間のあるうちに、ひとりひとりが声を上げて行くことが大切だと思います。


船橋市クリーン推進課・メールフォーム


船橋市役所・市民の声を聞く課・メールフォーム


船橋市議会議員・会派別名簿

(追記)2018.1.20
船橋市広報1月15日号によりますと、10月から可燃ごみの回収が週2回になると書いてあります。単純に考えれば1/3の稼働力が余るわけですから、それを充当して戸別回収にすることはできないのでしょうか?
中核市などで週3回なのは船橋市を含む2市のみであるから実行するのだと書いてありますが、単純なサービス低下にならないよう、きちんと計算が合うような政策をするべきでしょう。


これを機に、トラブルだらけのゴミステーションを廃止してほしいものです。
週2回になれば置かれるゴミの量が増えて道路を占拠するなどの問題も発生するので、戸別回収にして各自が自宅の前に置けばよいでしょう。

船橋市の自治会加入率は異常?

近年、どの地域に於いても町会・自治会の加入率は低下傾向がみられます。ここ船橋市に於いてはどうでしょうか?


一昔前には約80%の加入率があり、各地から視察に来た議員などが、中核市でありながら80%だと驚いたものです。現在は76%程度であると公表されていますが、それでも近隣市と比べるとかなり高いです。


ここに興味深い記事があります。ある大学教授の論文で、東葛10市(船橋・松戸・市川・柏・八千代・浦安・流山・野田・我孫子・鎌ヶ谷)の都市生活者を比較したものです。
なんと船橋市がダントツ1位ではないですか!!
http://cdgakkai.ws.hosei.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2016/11/gb201314.pdf


船橋市よりももっと田園地帯の多い地域もあるのに、なぜ船橋市が1位なのでしょうか?ちょっと腑に落ちませんね。そして船橋市の中でも塚田地区などは60%台であるということが分かっていますので、この二宮飯山満地区は自治会加入率が船橋市平均よりも高いことが予想されます。
事実、市のサイトには「東部②地域は自治会活動が盛んである」という記載があります。ズバリ、二宮・飯山満地区を言っているのです。


都心などに通勤するサラリーマンが多い同じような人口構成であるにも関わらず、どうしてこの地域だけが異常に加入率が高いのでしょうか?
新潟市や仙台市などの地方都市に匹敵する数値になっています。
加入率は東京23区で50-60%,東京都下は20-50%,成田市や八街市でも50%台です。
東京圏にしてはいかに高い数値であるかが分かるでしょう・・・・。


おそらく何らかの強制性が働いたとか、旧住民の力が強いことなどが推察されます。また「周囲に合わせる」という日本人独特の性質の影響があるのかもしれません。
いずれにしても、かなり「特異」な地域であるのは事実です。


船橋市は交通の便がよいとか、ショッピングや子育てがしやすく都心に近いという理由だけで移住地に選ぶ方も多いでしょうが、こうした「地域事情」まではなかなか分からないものだと思います。


もし移住先を決めるためにこのブログをご覧いただいている方がいらっしゃいましたら、
自治会活動が好きでなければ、この地域への移住はおすすめしません。
長く住めばきっと自治会のことで負担になることが出てくると思います。


もちろん、きちんとお断りできる方でしたら問題ないでしょうが、なかなか自分の意見を言い出せないとか、目立ちたくないというような方は、いやいや自治会活動をせざるを得なくなってしまいます。
しっかりとした自分の意見を持ち、地域を改革して下さるような方でしたら、どんどんおいでいただき、開かれた、ものが言える地域にしていただきたいと思います。


自治会・町内会には何の権限もありません。

日本全国、ほとんどの地域に存在している地縁組織。「自治会」「町会」「区」などと場所によって呼び方は違っても同じようなものですよね。
そして、「住民」であれば加入して当然という雰囲気があり、断ると変わり者や変なヤツだというレッテルを貼られるので、仕方なく?加入しているという場合が多いのではないでしょうか?


「ゴミ出し」を筆頭に「安全」「防犯」「衛生」「住民の福祉」などに関することをしているので、公的な団体であり、生活に必要なことをしている行政機関であるかのように見えて加入しないと不便を被るのではないかと考えてしまう場合もあるでしょう。
しかし、法的には一切の権限はありません。あくまでも、誰かが自主的に作った任意団体であるというのが法的な立場ですので、強制力は持ち得ません。


たとえば、罰金を課すことができるのは、裁判所と行政だけです。自治会などが地域の慣習として罰金を課すことは違法です。「私刑の禁止」「慣習刑法の禁止」という法律があります。仮に何かを言って来たとしても、それは口だけであり、なんの法的根拠もないので聞き流すだけにしておきましょう。


市役所の委託によって、なんらかの業務を引き受けていることはあります。しかし、それは市役所と自治会の「契約」ですので、それを盾にして加入を強要したり、未加入者を差別することは許されません。
早く言えば、「未加入者を含む市民」に対する業務を委託しただけのことに過ぎないからです。


(例)
何かをするには町会(自治会)の許可が必要であるか?
 →許認可機関ではありません。

加入しないとゴミを出してはいけないのか?
 →一般廃棄物(家庭系)の収集・運搬・処理は市町村に責務があります。

住んでいれば加入しなければならないのか?
 →加入義務のない任意団体なので、趣旨に賛同した場合に加入すれば良いです。


このような事例により、町会・自治会は「地域の代表機関」ではないということがお分かりいただけたと思います。あくまでも地域を良くして行こうという「自発的な」集まりに過ぎず、そこには一切の強制権はありません。


自分たちで決めたことだからと言って、それに従わない人に何かを強要することはできないのです。