飯山満3丁目町会の問題を考える会

千葉県船橋市にある町会についての諸問題を提起し、加入の任意性を担保すべく啓発活動を行うことを目的とする。
そこに住んでいれば自動入会みたいな強制性を排除すべく自由意志でのみ加入できるようにすることを目指す!


☆注意事項☆
当ブログはリンクフリーです。
またすべての掲示物の二次利用を自由に行うことを許可します。
全国各地で自治会問題に苦しんでいる方々への手助けになれば当方も光栄です。

当ブログの見解は事実に基づく個人的見解を含みます。
記事を見て実行した結果に於ける責任は負いません。自己責任に於いて実行をお願いします。

大きすぎる町会の問題点。

当町会は世帯数が1015以上あると言います。今はもっと増えているでしょう。
12のブロックに分かれ、1つのブロックに10程度の班があります。


「ご近所」と言えるのはこの「班」のエリアだけではないでしょうか?
「班」はだいたい10-20程度の世帯数で構成されています。
この範囲であれば、だいたい面識はあると思いますが、一歩「班」を出れば近くの人であっても良く分かりません。よく見る人だねと思っていても、名前はおろかどこの誰であるかも分からないでしょう。


これが飯山満3丁目町会エリアの現実です。


町会の目的のひとつに「親睦」というのがありますが、1000世帯は非常に多い数であり、またそのエリアも広くなってしまいます。
仮に1000世帯が一同に会しても何がなんだか分からなくなってしまうでしょう。


何事も、ちょうど良いという最適な数というものがあると思います。
隣接する町会・自治会には50世帯くらいのところや数十世帯のところも多くあります。
地図に各家庭の名前を書いた看板を道路に出していたりしますね。


そもそも何の根拠を以って「町会・自治会のエリア分け」というのが決まったのでしょうか? いろいろ考えれば疑問だらけですね。


本当に意思疎通をして実効性のある町会活動をするのに、組織が巨大化しすぎるのは弊害が多いと思いますが、どうでしょうか?


「ご近所」の関係ではなく、顔が見えない関係のところに出て行って何かをするということに対して意味を見いだせない人もいるかと思います。
行事などの参加率が低いのも、このような組織の巨大化がひとつの原因かもしれません。
これでは1つの連合会並の世帯数になってしまいます。


もはや活動が遠いところの存在になってしまっているのが現状でしょう。
義務感だけでなんとなく入会している・・・。
本当に意味のあるものにするにはどうしたらよいか?
多くの会員の本音をすくい上げて、叡智を絞っていただきたいと思います。


(追記:2017.09.29)
世帯数やブロック数については常に変動していますので、あくまでも目安とお考え下さい。7月現在では978世帯と公称されています。(連合会HPより。)

反射的利益とは---未加入者への攻撃は的外れ

町会・自治会は前述の通り「加入義務のない任意団体」です。

趣旨に賛同し素晴らしいと思えば入会すればいいのです。


よく町会に入らないで利益だけを受けているのはズルいとか、フリーライダーだなどという持論を展開する人がいますが、果たしてそうでしょうか?


町会が設置した街灯の下を未加入者は歩くな!などと言う人もいます。


街灯は本来は市役所が設置するべきものです。しかし行政にも予算がありますので、すべての場所にすぐに設置することはできなかったのです。

それじゃ、自分たちで設置しようと言う声が上がって町会が設置したという歴史的経緯があるのです。


こんなことをしたいと誰かが思って実行することは法に触れない限り自由です。

しかし、そう思わない人にも協力しなさいなどと言うことはできないのです。

何かをしたことによる結果、第三者に利益が及ぶこともありますね。

これを法律的には「反射的利益」と言います。

しかし、それに対する対価を要求することはできません。

誰かが勝手に何かを始めておいて、おまえらにもいいことだから金を出せ! なんてことにはならないのです。


たとえば、9chに「TOKYO MX」というテレビ局がありますね。この放送局は厳密には東京都だけを対象とした放送区域の民間放送局です。しかし結果的に船橋市でも普通に受信できてしまっていますよね。だからと言って「都民以外は見てはいけない」などとは言われません。口の悪い人は「電波泥棒」などと言いますが、そんな根拠もありません。

「街灯の下を歩くな!」はそれと同じようなことなのです。


さらに市役所はきちんと電気代などの対価を町会に補助金として支払っています。

そのようなことを考えれば、未加入者が街灯の下を歩くことは何の問題もないのです。

通過する区域外の人や、訪問者、観光客、外国人だって入って来ます。


おかしなこじつけの言いがかり理論だということが分かるでしょう。

町会の収入にはどんなものがあるのか。

町会には当然ながら収入と支出がありますね。

収入にはどんなものがあるのでしょうか?


最も基本的なものは会費です。

1世帯月額300円、年間3600円です。しかし特例があって賃貸世帯は月額250円、年額3000円になっています。しかしこの特例を知らずに賃貸世帯から3600円を徴収している例を知っています。いい加減ですね・・・。


そして船橋市役所から補助金が入ります。

1世帯年額370円です。

どのような根拠でこのようなお金が出ているのか分かりませんが、市役所は自治会を応援しているようです。


さらに街灯に関する電気代等がほぼ実費分支給されています。

近年は公園清掃委託費なども支給されているようです。


またホームページによれば、町会会館を会員以外の者が使用したり、私的な理由で使用した場合などは使用料を徴収しているようです。


今は名簿などはありませんが、広報物に広告を掲載すれば、協賛企業としての広告料もそこに存在するはずです。


近年は会計報告を目にしていませんが、配布されていた時には、年間収入とほぼ同じ金額の繰越金が発生していました。

年間予算はだいたい300万円強でした。今はもう少し増えているでしょうか。


このように町会と言えどもある程度のお金が動き、そのやりくりもあるのでしょう。

そうであるから退会を匂わすと辞めないでくれと言われるのです。しかし金額の多寡を問わずお金を支払っているということは、その使い道を知る権利もあるはずです。


町会には無関心な層が多いでしょうが、会費を支払った以上、それが適正に使われているかどうかは目を光らせて行く必要があるのではないでしょうか?